一般のみなさまへ

放射線検査について

検査の種類

放射線技師の行う検査には以下のものがあります。

X 線撮影

X 線は高電圧をタングステン等にあてることによって人工的に作られます。  

乳房撮影

乳房は構造上、乳腺密度により 4 つのタイプに分けられます。

・高濃度 ・不均一高濃度 ・乳腺散在 ・脂肪性

CT 検査

CT 検査とは Computed Tomography(コンピューター断層撮影) の略で、X 線を扇状に照射し、X 線管と検出器を回転させながら データを収集して画像を得ます。

MRI 検査

MRI 検査とは Magnetic Resonance Imaging(磁気共鳴断層診断装置) の略で、CT 検査のように放射線を使わず、強い磁石と FM ラジオに用いられている電磁波を用い、水素原子の共鳴現象を利用して、体の中の様子を画像にする検査です。

RI 検査 (核医学検査)

核医学検査は機能解析もでき、病気があるかないかの診断だけでなく、どのような性質の病気かもわかる非常に有用な検査です。  

血管撮影検査 (アンギオグラフィー)

血管撮影検査は体内にカテーテルを挿入し、造影剤を注入したりするため患者様の負担が大きい侵襲度の高い検査です。

PET 検査

ガン細胞の糖代謝が正常細胞に比べて活発であることから、ブドウ糖の代謝活性状態を断層像で下の装置で画像化する検査です。
脳や心臓などの機能画像診断にも有効です。

放射線治療

放射線治療は、手術のように身体を切ることなく行われることで腫瘍のある臓器の形態や機能を損なうことが少なく、抗がん剤療法より全身への副作用が少なく行われる治療法です。  

被ばく・検査のご相談

島根県診療放射線技師会では、放射線相談を受け付けております。
詳しい説明を希望される方は、下記のお問い合わせページよりご相談ください。
〒690-0332 島根県松江市鹿島町佐陀本郷 133 番地 2
TEL. 0852-33-7251 / FAX. 0852-33-7451