医療従事者の方へ

エックス線診療室内での撮影操作についての調査依頼

エックス線診療室内での撮影操作に係る調査について (お願い)

エックス線診療室内での撮影操作は、医療現場から状況に応じて使用できるようにしたいとの要望がありますが、医療
法施行規則 30 条の 4(2) により、ただし書きに指定されている場合を除き行うことができないことは周知のことと存じます。

この医療法施行規則の解釈にあっては、医薬発第 118 号 (平成 13 年 3 月 12 日) において同項の解釈が示されて
おりますが、老人や小児等の要介護者などのエックス線診療室の撮影は含まれておりません。理由としては、X 線照
射スイッチ (フットスイッチなど) の誤操作による医療従事者への被ばくが懸念されることも一因と聞いております。

フットスイッチの誤操作の防止については、2012 年 6 月に改正された医用電気機器一般安全規格 JIST0601-1 の
15.4.7 項にて対策が盛り込まれており、また患者近接 X 線照射時の操作者の防護手段も充実している状況から、
日本診療放射線技師会では厚生労働省へ医薬発第 118 号の解釈に要介護者等の撮影についての許可も記載い
ただくよう相談したところ、関連学会での同意を得るようにとの指示を受けました。

これを受け、医療現場の要望に対応できるよう、また、安全を確保し患者の診療が速やかに行えるよう、使用条件
等を明確化し、エックス線診療室内での撮影を許可していただくよう厚生労働省へ再度依頼したいと考えております。

今後、関連する学会が一堂に会して検討できる場をもけるようにしておりますが、その前に実態を把握する必要があ
るため、至急、各施設の実態を出来る限り多く集めるべく、下記のとおり調査を実施することといたしました。
つきましては、貴都道府県内施設の調査にご協力いただきますようお願い申し上げます。

1. 調査名 / エックス線診療室内での撮影操作についての実態調査
2 . 回答期限 / 平成 27 年 2 月 27 日 (金)
3. 回答先 / 日本診療放射線技師会 放射線機器管理士分科会委員 加藤豊幸まで kikikanri.jart@gmail.com
〒690-0332 島根県松江市鹿島町佐陀本郷 133 番地 2
TEL. 0852-33-7251 / FAX. 0852-33-7451